書く書く鹿ジカ

ゆるーい雑記

たった3日で漢字検定二級に合格した勉強方法!!

漢字検定とかまじ余裕っすわ!!

 

 

 

 

 

 

 

嘘です

f:id:myabo:20161216204840j:image

ぎりぎりすぎだろ俺!!!

 

155点中156点って笑

 

でもまあ

合格は合格なんですよ!!!

ぎりぎりでも!!

なにしようとも!!

受かればいいんだよ!!

 

じゃあどうやって3日で合格することができたのか?

 

 

その勉強法について今回は書いていくよ!

 

では本編いくどー

目次

 

使用した問題集

使った問題集はこれ! 

この本のいいところは

 

答え合わせが早い

 

読み書きに関しては

問題の下にすぐ答えがあるから

答えあわせが超楽!!

時間のない僕にはぴったりでした

 

他の問題集だと別冊で答えが載っている物とかがあるので答えあわせが面倒

二冊開いて読み比べ

無駄なところで時間が削られていくのは非常にもったいない

そこを補ってくれるのが先ほど紹介した問題集です

 

次に問題量が多いところがいい

買ってみてもらえばわかるけど

びっしり問題だらけ笑

問題数が多いからいろいろな角度から問題が出るので別のパターンの漢字を多く覚えることができる

 

次に3日で受かった勉強法を書いて行きます 

 

その1:弱点つぶし

わからない漢字があったら

 

すぐ答えを見て

チェックをつけて

すぐ次に進む!

 

覚えるまで徹底的にチェックした場所を往復する

3秒以内に漢字や読みが浮かばない場合は覚えていない証拠なのでそれができるまで繰り返す

紙に書いて記憶するのもいいですが、それでは時間がかかりすぎるので空を指でなぞる

逆にわかるところはばんばん飛ばす

わからないところに重点を置くことが大事です

かるところだけ何回もやり覚えた気になって満足する人がいますが、それは自己満にすぎません、ましてや時間のない人は不安にかられできているものばかりに目が行きがちなので、そこはグッとこらえわからないものを徹底的に潰して行きましょう。

  

 

その2:捨て 

 3日という短い期間だから全部の問題できませんでした

やろうと思えばできるけど

全部中途半端に覚えちゃうので

 

だから浅く流した部分は結構あります

 

・四字熟語

・部首

・熟語の構成

この三つはほぼ捨てました

四字熟語はこの期間で覚えるのは正直きついです

そのため印象に残りやすいものを中心に覚えました

 

部首は漢字を見れば答えが乗ってるので勘でいけます

 

熟語の構成は熟語を2つに分けて

上が下にかかってるのか

下が上にかかってるのか

はたまた打ち消してるのかを考えればいける

熟語を2つに分け一個一個の漢字に

送り仮名をつければわかりやすいです

 

点数配分

漢字の読み:30問、各1点

部首:10問、各1点

熟語の構成:10問、各2点

四字熟語:漢字に直す10問

                意味5問、各2点

対義語:5問、各2点

類義語:5問、各2点

同音・同訓異字:10問、各2点

誤字訂正:5問、各2点

漢字とおくりがな:5問、各2点

書き取り:25問、各2点

計200点

 

合格点

僕のときは

155点

だったけど

そのときによって変わるらしいです

 

基本は8割って言われてるので

160点取れれば大丈夫だと思います

 

勉強時間

勉強時間は実質2日半かな

 

金曜・半日

土曜・一日中

日曜・一日中

月曜・本番

 

夜は徹夜じゃなくて

24:00

くらいには寝てた

 

睡眠時間が5時間をきる日が続くと

チュウハイ2〜3杯飲んだときと同じくらい脳の能力が落ちるらしいので

 

だから睡眠はちゃんと取るようにしていました

 

ショートスリーパーの人はいつも通りでおっけいです笑笑

 

でもその分起きてる時間は

 

漢字漢字漢字漢字漢字漢字

 

 

最後に

「お前が合格したのは運だろ」

 

まあ確かに運もあります

 

でも運だけで156点はとれないですよね笑

 

だから言っておきます

 

やればできる!!

 

心配はいりません自分を信じてください

 

 

おわり

 

Twitterもやってます
よかったらフォローお願いします
http://twitter.com/@myabo8
読者登録、ブックマークもよろしく!