書く書く鹿ジカ

ゆるーい雑記

北海道弁取り扱い説明書

今回は北海道弁取り扱い説明書ということで

 

友達に道産子がいて何を言ってるかわからない

北海道人になりすましたい

 

そんな人のために説明書を作りました

 

北海道に少しでも興味を持ってくれると幸いです

 

では本編いくどー

目次

前置き

よく知られている北海道弁でも使い方が違ったり死語になってるものもあります

 

 

では紹介していきます

 

なまら

とてもの意味

 

お年寄りはほぼみんな使いますが

若い人はめっちゃ、超、すごいなどを使うことが多いので使用頻度は低くなってきています

 

道外の人といるときに道産子感を出そうと無理してなまらを使っている者もいるためストレスを与えないよう配慮も必要です

 

>使い方

「今日なまら、さみい〜」

なまらは

なんまら、なんま

と様々な形態があります

 

強調したいときは

な〜まら、なん〜まら、なん〜ま

など間を伸ばすと良いです

 

>発音

なまら

→→→

→↗︎↘︎

基本は音程は変えず発音しますが

人によっては一回上がって下がる発音の人もいます

 

めんこい

可愛いの意味

 

彼女とかに言うというよりかは

赤ちゃんとかに向けて使うことが多いです

 

>使い方

「いや〜めんこいなぁ〜」

「鈴木さん家の子供なまらめんこくてな〜」

 

>発音

面濃い

というとめんこいになります

 

投げる

捨てるの意味

 

ゴミなどを捨てるときによく言います

 

北海道にいると、急に「投げて」と言われることがあるので、対象物がどういったものなのかを瞬時に判断し投げるのかなげるのかを区別してください

 

道外の人はくれぐれもゴミは放るのではなく捨ててください

 

>使い方

「今日可燃ごみの日だからゴミ投げてくるね」

「ちょっとそれ投げて」(上級者向け)

 

>発音

投げると同じ発音

 

〜こ

北海道人は物の語尾に

〜っこ

とつけたがります

 

ぼっこ(棒)

みっこ(実)

わっこ(輪)

など

 

道産子はぼっこが方言だと自覚症状が無いく使っている人が多いので要注意して会話をしてください

 

>使い方

「そこのぼっことって」

 

>発音

ぼっこ

→→→

みっこ

→→→

わっこ

→→→

 

なんも

許す、気にしないで、感謝など複数の意味

 

これは初心者には少し難しいかもしれません

使いどきとしては

相手に何かをしてもらったときに使います

 

>使い方

「お土産?なんもいいのに〜」

「なんもなんも〜」

 

>発音

なんも

↗︎↘︎→

ナン(カレーと一緒に食うやつ)も

という感じで発音

 

(じょっぴん)かる

鍵をかける

 

じょっぴんはほぼ死語になってしまったのでカッコをつけました

かるは今でもよく使いますので積極的に使用しましょう

 

「買う」と間違えないように注意

 

>使い方

「鍵をかっといて」

「鍵かってきた?」

 

>発音

買った、買ってきた、狩ると同じ発音

 

いずい

違和感があるの意味

 

これはかなり使用頻度が高いです

神経質な道産子はこの言葉を乱用します

 

>使い方

「この服いずいさ〜」

 

>発音

いずい

→↗︎↘︎

 

わや

ひどいの意味

 

男子高校生を中心にして

わやが使われている気がします

 

>使い方

「お前赤点とったの?わやwww」

 

>発音

わや

→→

 

したっけ

そうしたらの意味

 

僕の夏休み北海道バージョンで

帰り際に

「したっけ〜」

と発言する場面がありますが

そのような使い方をすることは滅多にありません

接続詞のような役割で使うことが多いです

 

恥ずかしい思いをしないようにしっかり勉強しましょう

 

>使い方

「事故があってね、したっけ遅れたさ〜」

 

>発音

舌っ毛と発音すると良い

 

おわりに

まだほんの少ししか触っていないので

第二弾やります

北海道に興味を持ってくれた方はどんどん北海道にお金を落としていってください笑