書く書く鹿ジカ

ゆるーい雑記

最終面接で私服で来ていいと言われたので私服で行ったら落とされた話

どうも鹿です。

 

これから話すのは、憧れていた大手企業の最終面接でやってしまった就活生の悲しい話である

ちなみに僕のことではないです

 

f:id:myabo:20170616110821j:image

目次

 

とある就活生の千慮の一失(フェイルアーストーリー)

その人は激しい倍率の中ずっと憧れていた大手企業の最終面接にやっとの思いでたどり着いた。5次試験なのでかなり優秀。その企業に入ることだけを考えて必死で勉強していたため、かなり熱が入っていたと思う。

そして最終面接の詳細がメールで届いた

会場は飲食店

堅苦しい面接はしないので私服で来てくれ

というような内容だった

 

面接当日

メールの内容通り私服で試験会場へ

この面接を受かれば夢の会社へ!

などと希望を胸に抱き面接官を待つ

数分後ドアが開き面接官が現れた

それと同時に就活生の希望が

音を立てて崩れていった

 

なんと面接官の服装がスーツだったのである

 

その後の面接は終始重苦しい空気で行われた

 

案の定その就活生は落ち

精神的なダメージからか数週間寝込んだという

 

普通スーツで行くだろ(笑)

という人もいると思いますが。それは第三者からの目線で見ているため冷静に見ることができているからです。実際に当事者になればあなたも私服で行っていたかもしれませんよ。ましてや内定が決まるか決まらないかのあの精神状態で冷静な判断ができると思いますか?

もし自分がスーツで行って面接官が私服。「メールをちゃんと読みましたか?書いてあることを守れないあなたは不合格です」なんてこともあるだろうし

そもそもメールの内容を何にも疑わず、書いてある通りにしてしまう人だっているんだし。

周りに相談

冷静に判断ができない場合は他人に相談する。的確なアドバイスが必ず帰ってくるからだ。他人は自分の事情なんてさほど気にしていないからズバズバ思ったことを言ってくれる。

相談された方は普通スーツで行くだろ(笑)はこのタイミングで言ってあげてください。

絶好のタイミングです。

コメント欄で書いてる場合じゃないですよ

 

困ったらスーツで行け

困ったらとりあえずスーツで行け

先程言った面接官私服ケースであって言い訳ができるからです

「私服と書いてありましたが、やはり面接ということなのでスーツで参りました」

と挽回の余地があり少しでもプラスに持っていけます

面接官スーツケースは

「メールに書いてあった通りに私服で来ました」

これじゃあ挽回の余地なしですねぇ

 

教訓

困ったらスーツで行け

 

まとめ

今回みたいなパターンはどっちでもいいように着替えを持って行って、トイレで着替える作戦もいいですね。

試験というものは何が起こるかわからないので、一つ一つを疑ってかかる。

一人で悩んだときは周りに相談する。